弔電を出すことも多くなってきた年齢だ。

本当にここ数年で弔電を出したり葬儀に出席することが多くなってきました。先月も知り合いが亡くなりましたからね。

年齢的に周りの人も高齢になりつつあるので、これからもまだ続くでしょう(;_:)

嫌ですよね。

知っている人がなくなるのって。悲しい気分になります。

よく考えれば学校の先生とかうちらが10代のときに30代とか40代だったわけだから、それはもう老人になってもおかしくないですもんね。この前は急だったので急ぎ 弔電を出しました。弔電って初めて出したけど祝電と同じ要領なんですね。

出し方はほとんど同じです。文例が違うだけ。

文例もサービス会社にはすでにテンプレートになっているので悩む必要なく、お願いできます。

自分のことなんですが、もしも自分に不幸なことがあって亡くなることになったら、葬儀とか必要最低限で済ませてほしいということを家族には伝えました。改名とかも必要ない。亡くなった人にお金なんか掛けることないから簡単に済ませていいからねと。

葬儀とか本当にお金がかかるし、喪主の気苦労もわかっています。ものすごく疲れるんですよ?葬儀が終わったらどっと疲れて倒れるくらいに。そういうのをずっと見てきたので自分のときにはみんなに迷惑をかけたくないんです。